norwegianprima-aerial-stern (2) (2)

コラム

2022年編集部が注目するトピックス その2「新しいコンセプトの新造船」

編集部が注目している話題をお届けするシリーズコラム。二回目は「新しいコンセプトの新造船」についてです。

前回は大型船とは違う小型船が注目されているトレンドをお話しましたが、もう一つ注目するのが、ゲストのために客船そのものの「設計」に手を加える動きが出てきたことです。船上では比較的風や船の揺れの影響が受けにくく、航跡(船が通り過ぎた後に残る波や泡の筋)を眺めることができる船尾が特等席と言われています。ですのでクルーズライン各社はレストランやキャビンを多く船尾にと考えていますが、課題はエンジン。多くの客船は船尾下段にエンジンルームを配置することになるのでスペースに制約があり、またエンジンの振動にも配慮しなくてはいけません。それならば、エンジンを船尾から無くしてしまえばいい!と考えて作られるのが今年デビューするノルウェージャン プリマという客船です。

norwegianprima-aerial-aft

洋上でのゲストの楽しみを最大化するためにエンジンを船の中央に移し、解放された船尾のスペースをレストランとキャビンに。海面に近い船尾のデッキでくつろぐことは従来では小型高級船の特権でしたが、よりリーズナブルな料金でその世界観が楽しめます。ノルウェージャンクルーズ社長ハリーサマー氏いわく「お客様にとって有意義なことは何か?白紙の状態から造船計画を始めましたので、時代遅れのデザインやスタイルにこだわることはありませんでした」とのこと。この新しいノルウェージャンプリマの販売動向によっては、これからの客船の設計コンセプトが変わっていく可能性があります。また、こうした取り組みによって作り出された船尾デッキですが、あえてスペシャリティレストランなどにせず、ゲスト誰もが気軽に楽しめるフードコートスタイルのレストランにしたことも、フリースタイルクルーズを標榜する同社の姿勢が読み取れ、非常に好感が持てます。

norwegianprima-indulgefoodhall-cabanas-rendering (2)

さらに、船尾に留まらず左右の船体横にも新しいデッキスペースが設けられました。トップデッキに加えること3つ、船尾と船体左右の4つがゲストにとってのくつろぎや楽しみのためのスペースとなります。その結果、左右のデッキにはインフィニティプール、トップデッキには上級クラス「ザ・ヘブン」専用のプール(ともに写真下)や洋上最大3層構造のゴーカート「プリマスピードウェイ」を設けることができました。ゲストが望む施設から逆算して設計したのがノルウェージャンプリマといえるでしょう。

    ハリー氏や建造にあたったデザイナーの思いが伝わるメイキングビデオはこちらから

norwegianprima-oceanboulevard-infinitybeach-wideview-renderingnorwegianprima-oceanboulevard-thehavensundeck-lifestyle-composite

新しいコンセプトが楽しみなノルウェージャンプリマは2022年5月にデビュー、北欧とカリブ海を起点に就航します。また、先日ニュースでお知らせしたシリーズ二番船となるノルウェージャンビバの建造も進んでいます。ノルウェージャンビバは日本からのゲストに最も人気がある地中海向けに2023年夏に就航となる模様ですので、こちらも楽しみです。

    ノルウェージャンビバのプロモーションビデオもこちらで公開されています。

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. Category H4

    コラム

    意外と楽しい、キャビン見取り図

    みなさんはクルーズでキャビンを選ぶときにどうやって決めていますか?値段…

  2. 3-1

    コラム

    世界一周クルーズの「基礎知識」

    昨日飛鳥Ⅱの3年ぶりとなる世界一周クルーズが発表されましたが、実際世界…

  3. IMG_8862

    コラム

    シリーズインタビュー「来たる晴天の航海に向けて」第2回~マーキュリートラベル東山真明氏

    新型コロナウィルスの影響で先行きが見えない状況下、クルーズ再開に向けて…

  4. G-0154

    コラム

    クルーズで太らないための3つのポイント

    「船に乗ると食べ過ぎて太る!」というのはよく聞く話です。確かに早朝から…

  5. SPL Bow_0008

    コラム

    シリーズインタビュー「来たる晴天の航海に向けて」第3回~リージェントセブンシーズクルーズ スティーブ…

    新型コロナウィルスの影響で先行きが見えない状況下、クルーズ再開に向けて…

  6. 2
  1. いらわじフネ

    おすすめコース

    悠久の時に思いを馳せる、クラシカルなイワラジクルーズ
  2. 21540416628_2175bb965f_o

    クルーズニュース

    MSCクルーズ初の日本発着クルーズ、発表
  3. IMG_3681

    クルーズニュース

    3月、大阪港に3隻の外国船が入港します
  4. Genting Dream_0060

    最新号のご案内

    CRUISE Traveller 2017 Springのご案内
  5. vuvu GINZA_100

    インフォメーション

    【旅疲れを癒すスパ学】プラチナパワーで心身をほぐす銀座の隠れ家
PAGE TOP