img_8253.jpg

コラム

MSCベリッシマ日本初寄港&15周年イベントレポート第一弾

4月27日、MSC ベリッシマが日本に念願の初寄港を果たしました。MSCクルーズジャパン創立15周年記念も兼ねた、一大イベントです!我々クルーズトラベラー編集部も招待いただき、取材に行って参りましたので 今日はその様子を2回に分けてお届けしたいと思います!

大さん橋のターミナルに到着。パスポートを見せて名前を告げると、カードのパスとターコイズのブレスレットが配られました。今日は配られた色ごとに、ベリッシマ船内で1日を過ごします。

ベリッシマの待つ港まで、いよいよ出発!

こちらのバスに乗り込んで、ベリッシマの待つ港まで向かいます。バスの中は、メディアや旅行会社、関係者の方々で満員。

バスの車窓から、ベリッシマが見えてきますね!遠くから見ているのにものすごく大きい!

ついにお目見えしたベリッシマ。4月にしては珍しい、真夏のような日差しのよく似合う、美しい船です。2020年に日本にやってくる予定でしたが、コロナのパンデミックにより中止に。大変な時期を乗り越えて、3年越しの日本への停泊です。

まずは寄港式の記念式典のため、こちらの部屋に通されます。メディアや旅行会社、関係者の方々で部屋はいっぱいになりました。

乾杯のシャンパンと共に出てきたおつまみ。次々と出てきますが、ランチを楽しみにしていたので 2つにしておきました。

この記念すべき日のため、MSCクルーズCEOのジャンニ・オノラート氏が来日。さらに式典には、MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ氏、ベリッシマ船長のラウロ氏、横浜市の平原副市長や、横浜市公安局の方々が登壇しました。

個人的に印象に残っているのは、船は入港のときに雨が降っていて、出港の時に晴れるのが1番縁起が良いとされているという 平原副市長のお話。26日に雨の中横浜に入港したベリッシマでしたが、27日のこの日 夏のような晴れ空に恵まれました。まさに、ベリッシマの日本での新しい門出を 空が祝福しているかのようでした。

記念品の交換や写真撮影が行われ、あっという間に時間が過ぎていきます。

記念式の後、記者会見まで少し時間が空いたので、船内を散策してみることに。

船全体が、MSCクルーズジャパンの15周年のお祝いムードに包まれています。この天井のプロムナードは大型LEDスクリーン。日本国旗や15周年記念のロゴなど次々に切り替わり、パッと目を引く仕掛けとなっていました。

最初にお邪魔したのはこちらのパブ。お酒もいただけたようですが、、、まだ取材が残っているので写真だけ。

かなり広々とした店内。ラグジュアリーなスポーツバーのような雰囲気です。

MSCがスポンサーを勤めるサッカーチームのユニフォームも飾られていました。

MSCクルーズの船内のこのキラキラの階段は、いつ見ても優雅な気持ちになります。

こちらは鉄板焼きと寿司レストランのカイト。

やはり日本人としては、日本食のお味が気になるところ。後で試食ができるそうなので、楽しみです!

お昼前から常に人が並んでいて気になっていたこの美味しそうなジェラート。こちらも昼食後のお楽しみに取っておきます。

スイーツショップのおしゃれなディスプレイ。

この棚自体が船の形をしているんです!遊び心のある店内に胸がときめきます。

ベリッシマのイラストがプリントされたこちらの大きなチョコレートは、インパクトもありお土産にピッタリですね。

そしてマカロンを筆頭とした、カラフルなスイーツたち!この船に1週間も乗ったら、虫歯になりそうです。

こちらは、HOLA!タコス&カンティーナ。カジュアルなメキシカンレストランのようです。

ラテンアメリカを感じさせる陽気な店内。

スタイリッシュなMSCのアパレルグッズが並んでいます、、、残念ながら店内に入ることはできなかったので、ショーウィンドウ越しにパシャリ。

いよいよ記者会見が始まります!!まずはMSCジャパン代表取締役社長、オリビエロ・モレリ氏の言葉から。

このコロナ禍の厳しい3年間を支えてくれた パートナーや友人たちに感謝の気持ちを述べました。そしてこれからのMSCクルーズの日本でのさらなる発展についての強い意志を見せました。

続いてCEOのジャンニ・オノラート氏が登壇し、プレゼンテーションを実施しました。イタリア、ナポリの精神を受け継いだ会社であること、今後のMSCクルーズジャパンの展望や、サステナブルな未来へ向けたMSCクルーズの取り組みなどについて説明しました。

そして冬の南国をめぐる沖縄発着クルーズの開始も この場で発表されました。

最後はメディアからの質疑応答。こちらはクルーズトラベラー編集長がオリビエロ氏に質問をしている様子です。普段から親交のある2人ならではの温かい雰囲気でインタビューは終了しました。

このあとは待ちに待ったランチに向かいます!続きは第二弾でお会いしましょう!

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. img_4338.jpg

    コラム

    【初心者クルーズ紀行】2日目② カパルアベイ

    一度帰って夜はカパルアベイの高級ホテルでディナーとダンス!予定詰め込…

  2. img_4042.jpg

    コラム

    初心者クルーズ紀行プロローグ

    今回の記事は、見習い編集部員S である私が、遠い昔の家族クルーズ旅行…

  3. 8

    コラム

    一人旅でクルーズは楽しめる?

    一人温泉、一人キャンプ…昔ならだれかと一緒に行くのが当たり前だった旅、…

  4. img_4385.jpg

    コラム

    【初心者クルーズ紀行】4日目 ハワイ島ヒロ

    ちょこっと間が空いてしまいました。さて、クルーズ紀行もいよいよ中盤に…

  5. EXP Regent Suite Spa 038

    コラム

    世界最高峰のスイートキャビンにはどんなサービスが含まれているのか

    今月発売される「CRUISE Traveller」最新号は、スイートキ…

  6. ciMBYwUKJPqDaFW1599536673_1599536814

    コラム

    洋上気分でクッキング

    美食にフォーカスして世界をリードするオーシャニアクルーズよりパンケーキ…

  1. hurano_IMG2739

    クルーズニュース

    さんふらわあふらの、大洗~苫小牧に就航
  2. 20180323_SS18_Yeung_a4329_2x1

    インフォメーション

    11月7日クルーズフェア、プレビュー
  3. img_4561.png

    クルーズニュース

    リージェントセブンシーズクルーズ、過去30年の歴史で最長の世界一周クルーズ
  4. Genting Dream_0042

    クルーズニュース

    ゲンティンドリーム、2017年12月よりシンガポールを母港に運航
  5. 1-5_06

    コラム

    沖縄の絶景セブンアイランズクルーズという提案
PAGE TOP