img_4846.jpg

クルーズニュース

ノルウェージャンクルーズラインがノルウェージャン ビバを発表

最新鋭船6隻の2隻目のクルーズが販売開始に

世界のクルーズトラベルのイノベーターとして業界をけん引するノルウェージャンクルーズライン(NCL)が、最新プリマクラスの2隻目となるノルウェージャン ビバ (Norwegian Viva) を発表し、2022年の話題をさらっています。

より開放的なスペース、考え抜かれた美しいデザイン、卓越のサービスなどで、さらにハイレベルのクルーズ体験を可能にするノルウェージャン ビバが、2023年6月23日から、南ヨーロッパの主要港であるリスボン(ポルトガル)、ベネチア(トリエステ)、ローマ(チビタベッキア)、アテネ(ピレウス)を起点とする地中海クルーズでデビューを飾ります。2023年末から2024年にかけての冬シーズンはプエルトリコのサンファンを母港に、温かい気候を満喫できる南カリブ海クルーズを催行予定。


バルコニールームの室内

ノルウェージャン ビバには、それまでの記録を塗り替えた姉妹船ノルウェージャン プリマの高級感あふれるデザインと構造が踏襲されます。建設はイタリアのマルゲーラにあるフィンカンティエリ造船所。全長294メーター、14万2,500総トン、1室2名利用での定員は3,219名で、ステートルームのどのカテゴリー(インサイド、オーシャンビュー、バルコニー)も広さはブランド最大。クルーズ中のあらゆるシーンでゆとりあるくつろぎ感が提供されます。


ザ・ヘヴンのサンデッキ

ワールドクラスのこの船はコンテンポラリーやプレミアムクルーズに分類される新造船の中で最も高い職員配置レベルとスペース比率に加え洋上で最も幅広い選択肢のスイートカテゴリーを誇り、さらには専用キーカードでしかアクセスできない船の中の船と称されるNCLでウルトラプレミアムの「ザ・ヘブンbyノルウェージャン」も一新されます。ザ・ヘブンのパブリックエリアと107室のスイートはイタリアを代表するデザイナーのピエロ・リッソーニが担当。広々としたサンデッキ、船の航跡を見渡せるインフィニティプール、ガラス張りのサウナとコールドルームを備えた屋外スパなどにも注目です。


スリリングな ラッシュ・アンド・ザ・ドロップ

プリマクラスの多彩な娯楽アクティビティはノルウェージャン ビバにもレベルアップして採用されます。洋上最速で滑り降りるドライスライド「ラッシュ・アンド・ザ・ドロップ」や洋上最大の3層レーストラック「ビバスピードウェイ」などはプリマクラスでしか体験できないアクティビティです。


広々としたインフィニティビーチ

さらに、船内を一周する4万4,000平方フィートの「オーシャンブルバード」、11種類の食を楽しめるフードコート「インダルジフードホール」、屋外彫刻庭園「コンコース」、広大なプールデッキとインフィニティプールのある「インフィニティビーチ」、そして水の上を歩くグラスブリッジの「オーシャンウォーク」も導入されます。


さまざまな食事が楽しめるインダルジフードホール

ひときわ目を引く船体アートデザインは、ノルウェージャン プリマの船体アートも手がけたイタリアのグラフィティ彫刻アーティスト、マニュエル・ディ・リタ(通称「ピータ」)が担当。ロックウェルグループ、SMCデザイン、マイアミを拠点とするStudio Dadoなど、ノルウェージャン プリマの設計に携わった世界的な建築家も再集結してさまざまなレストラン、ステートルーム、パブリックエリアに美しい演出を施します。


オーシャンウォーク

プリマクラスの最初の2隻、ノルウェージャン プリマとノルウェージャン ビバは窒素酸化物低減システム(SCR)などの最先端代替技術を搭載し、船全体の環境負荷を低減します。ノルウェージャンクルーズラインの環境関連のガバナンスと社会的取り組みについてはこちらから。

最新鋭の船で行く魅力あふれるクルーズ
2023年夏: ローマ、アテネ、リスボンから地中海へ
一連の就航クルーズに続き、ノルウェージャン ビバは2023年6月から地中海を航行する最新クルーズ船として、同6月15日から11月6日まで、ポルトガルのリスボン、イタリアのベニス(トリエステ)とローマ(チビタベッキア)、ギリシャのアテネ(ピレウス)を起点に、スペイン、イタリア、ギリシャの地中海沿岸を巡る8日間、9日間、10日間のクルーズシリーズに就きます。

2023-2024年冬: サンファンから南カリブ海
2023年12月15日からはプエルトリコのサンファンをホームポートとする史上最大の新造船として7日間のカリブ海クルーズに。最初の寄港地は英領バージン諸島のトルトラ島。その後、セントマーチン島フィリップスバーグ、バルバドスのブリッジタウン、セントルシアのカストリーズ、アンティグアのセントジョンズ、米領バージン諸島セントトーマスを経由し、12月22日にサンファンに戻ります。以降も、7日間、9日間でカリブ海の主要港を巡ります。ノルウェージャンクルーズラインの受賞歴に輝く客船17隻と世界各地へのクルーズについての詳細は、こちらまで。

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. webしーぼーん

    クルーズニュース

    シーボーンソジャーン、横浜に初寄港

    シーボーンクルーズが運航する「シーボーンソジャーン」が5月8日に横浜港…

  2. I_SHP_Saga_Olympic_EXT_9921

    クルーズニュース

    サガクルーズ、新造船について発表

    イギリスの船会社サガから、同社初となる新造船(※これまでは既存の客船を…

  3. 21540416628_2175bb965f_o

    クルーズニュース

    MSCクルーズ初の日本発着クルーズ、発表

    次々と外国客船の日本発着クルーズが発表される中、地中海で圧倒的なシェア…

  4. ラッピング広告バス イメージ図_右側

    クルーズニュース

    プリンセスクルーズのバスが栃木県を走ります!

    プリンセスクルーズが、関東バス旅行社とともに3月4日から9月3日までの…

  5. Unique Imaging retouched

    クルーズニュース

    ノルウェージャンクルーズがついにキューバへ!

    ノルウェージャンクルーズラインホールディングスの3ブランド、「ノルウェ…

  6. img_6275.jpg

    クルーズニュース

    キュナード、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーとパートナーシップを締結

    船上初となる名作演劇の上演が決定2022年、キュナードはロイ…

  1. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  2. img_4042.jpg

    コラム

    初心者クルーズ紀行プロローグ
  3. EX1055_UC149911

    クルーズニュース

    探検船として生まれ変わったシルバークラウドの全容公開
  4. img_2204.jpg

    クルーズニュース

    アクア・エクスペディションズが ガラパゴス諸島に参入決定
  5. 荳芽カ顔沿蟆丞・蟄神010-011

    インフォメーション

    日本橋三越本店クルーズファッション展開中です【後編】
PAGE TOP