©PONANT-OlivierBlaud

コラム

2022年編集部が注目するトピックス その1「スモールラグジュアリー」

今年も優雅でラグジュアリーなクルーズスタイルを紹介していくクルーズトラベラーオンラインをよろしくお願いいたします。新年にあたり、編集部が注目している話題をお届けするシリーズコラム。一回目は「スモールラグジュアリーシップ」が引き続き話題というお話です。

ここ数年、クルーズマーケットでは大型船競争が一段落。その代わりに話題を集めているのが小さくて凄くラグジュアリーあるいは個性的な客船たち。
The Ritz-Carlton Yacht Collection - Exterior Profile (1)
その代表格が「ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション」。そう、ラグジュアリーを代表するホテルブランドのクルーズシップです。全長190m、乗客定員わずか298名の高級小型ヨットで、ゲストとスタッフの比率はクルーズ客船としてはトップレベルの1対1.2。つまり一人のゲストにほぼ一人のクルーがサービスを提供してくれるというもの。ですから、ゲストそれぞれにホテル同様の高いレベルのサービスやラグジュアリーな時間、空間を提供が可能。リッツカールトンが誇る3つ星レストラン「アクア」のシェフが監修するスペシャリティダイニング「S.E.A.」をはじめとする5つのレストランも特筆すべきポイント。わずか298人のために5つもレストランがある、洋上ではなかなかあり得ないことです。まさに、「セレブリティのプライベートヨットに招かれて旅をする」そんな雰囲気の客船です。

個人的にはベニスからローマまでの西地中海の街を巡るコースや、オレンジ色の屋根と青い海のコントラストが美しいドブロブニクやギリシャの巨大遺跡を訪れることができるアドリア海・エーゲ海を7泊8日で巡るコースが注目。荷ほどきからパッキング、移動の手間はもちろん、訪れる街ごとにホテルを手配する煩わしさ、都度発生する支払いの煩雑さもなく、リッツの最高のホスピタリティとクオリティが担保された船で極上のクルーズライフが待っています。

41_SURVOL-SUR-LES-TRACES-DE-NAVIGATION-2_CHARCOT?StudioPONANT-Nath Michel copie
もう一つが「小さな船体を活かしたエクスペディション(探検)クルーズ」というトレンド。特に昨年から凄く盛り上がりを見せている南極クルーズに注目しています。一生に一度は行ってみたいという世界のクルーズトラベラー憧れのデスティネーションである南極ですが、近年はそこにラグジュアリーという要素がプラスされ、外は大自然の絶景、船内は5つ星ホテルの雰囲気という贅沢なミスマッチが人気の理由。特にエクスペディションに力を入れているのがフランスが誇るスモールシップブランド「ポナン」。オーナーがサンローランやグッチなど世界のハイブランドを統括するケリンググループということだけで、もうこのクルーズラインについて説明は不要ですね。こんな素性の良い船で皇帝ペンギンに会いに行くなんてちょっと興味津々です。

さらに追加のトピックスとして、ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクションやポナンなど今年から来年に乗れるクルーズを紹介するランチセミナーが開催されます。スモールシップの世界観に興味のあるかたはこちらも検討されてみてはいかがですか?

『クルーズギルドジャパン・ランチセミナー』

4月12日 大阪/インターコンチネンタルホテル大阪 12:00-
4月13日 名古屋/ザ・コンダーハウス 12:00-
4月18日 福岡/ラ・ロシェル福岡 12:00-
4月20日 東京/ラ・ロシェル山王 12:00-
事前予約制 参加費2,000円
申し込みは cgj@icmjapan.co.jp までメールにてご連絡ください

クルーズギルドジャパンでは、ラグジュアリークルーズブランドを軸とした最新情報やお得なキャンペーン情報などをニュースレターを配信しています。2022年1月31日(月)までにアンケートにご回答いただきニュースレターにご登録いただいた方の中から抽選で10名様に船会社ロゴグッズをプレゼントいたします。

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. IMG_8862

    コラム

    シリーズインタビュー「来たる晴天の航海に向けて」第2回~マーキュリートラベル東山真明氏

    新型コロナウィルスの影響で先行きが見えない状況下、クルーズ再開に向けて…

  2. SPL Bow_0008

    コラム

    シリーズインタビュー「来たる晴天の航海に向けて」第3回~リージェントセブンシーズクルーズ スティーブ…

    新型コロナウィルスの影響で先行きが見えない状況下、クルーズ再開に向けて…

  3. Category H4

    コラム

    意外と楽しい、キャビン見取り図

    みなさんはクルーズでキャビンを選ぶときにどうやって決めていますか?値段…

  4. RCI_LB_liberty_sabor_family-111

    コラム

    子どもと一緒にクルーズに行きたい!3つの理由

    春休みにゴールデンウィーク、夏休みと家族旅行の季節がこれからやってきま…

  5. unnamed (1) (1)

    コラム

    再び!洋上気分でクッキング

    残念ながら今すぐ洋上にでることはできませんが、美食の客船オーシャニアク…

  6. 1-5_06

    コラム

    沖縄の絶景セブンアイランズクルーズという提案

    From Spring Issue 2022「沖縄の絶景セブンアイ…

  1. CRUISE2022Win_H1siro

    最新号のご案内

    2022Winter 最新号案内
  2. cruise16autumn_72dpi

    最新号のご案内

    CRUISE Traveller秋号発売中です!
  3. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  4. P78本画像 (1)

    インフォメーション

    ロングクルーズフェア2018東京、10月17日開催!
  5. CRUISE2019sum_H1白付き

    最新号のご案内

    CRUISE Traveller 2019 Summer 最新号案内
PAGE TOP