img_5408.jpg

クルーズニュース

ノルウェージャンクルーズ最新鋭船 ノルウェージャン ビバでトニー賞ノミネート「ビートルジュース」がデビュー

イノベーションで世界のクルーズ旅行をリードするノルウェージャンクルーズライン(NCL)が、新造船ノルウェージャン ビバで2023年8月から上演される主演目『ビートルジュース』を含む船内エンターテインメントのフルラインナップを発表しました。

トニー賞にノミネートされたミュージカル『ビートルジュース』は1988年に公開されたティム・バートン監督の代表的映画作品を90分間のブロードウェイ作品に仕上げたもので、洋上初上演となります。ストーリーはディーツ一家がお化け屋敷の改築に挑むドタバタ劇。3階建ての多目的ホール「ビバシアター&クラブ」では、臨場感あふれる特殊効果や最先端の照明・音響が駆使され、つぎつぎと起こる奇想天外な展開がより一層盛り上がります。

ノルウェージャンクルーズ次期社長デビッド・J・ヘレラは、「NCLはクルーズ体験に常に最先端を取り入れ、お客様が期待するレベルの高いエンターテイメントをお届けしてきました。最高峰の洋上バケーションのレベルアップを図るべく、限界に挑み、ご期待に応え、ゲストファーストの精神で邁進しています。この夏、いよいよ最新船ノルウェージャン ビバで楽しくもあり懐かしさも感じられる『ビートルジュース』をご覧いただけます」としています。

NCLのシニアヴァイスプレジデントでエンターテイメントとクルーズプログラミングを担当するリチャード・アンブローズは「演劇ファンに素晴らしいパフォーマンスをお届けするだけにとどまらず、ブロードウェイやウエストエンドクラスのショーをご紹介できることは私共の誇りとするところです。トップクラスの劇場から瞬く間にナイトクラブに変貌するビバシアター&クラブであれば、こうしたエンターテイメントもオリジナル以上のスペシャルな体験となるはずです」と付け加えています。

バナナ・ボート・ソングやジャンプ・イン・ザ・ラインなどの名曲をパフォーマーが踊りながら歌う『ビートルジュース』の手の込んだ演出では、懐かしのポップカルチャー時代の名画へのノスタルジーが募ります。ブロードウェイ上演時のキャストメンバーだったミシェル・ダミコがノルウェージャン ビバでの洋上初公演に加わり、リディア役を演じます。

ノルウェージャンクルーズラインはワールドクラスの上演作品を洋上にもたらすというぶれないコミットメントで知られています。現在運航する18隻では、これまでに『シックス』、『ジャージーボーイズ』、『フットルース』を始め様々なショーが上演されています。今回の発表はノルウェージャン プリマ2022年初就航シーズンの船上で上演された『サマー: ザ・ドナ・サマー・ミュージカル』に続くもの。『アメリカンアイドル』シーズン2のファイナリストだったキンバリー・ロックが出演して大好評を博しました。

昨年、ノルウェージャン プリマでは世界的に有名なゲームショー『ザ・プライス・イズ・ライト ライブ』を成功裏にスタートさせましたが、今年のノルウェージャン ビバ就航では、クルーズ業界初の洋上ゲームショーとして『プレス・ユア・ラック ライブ』の採用が決定。観客がショーの出演者となってゲームに参加して豪華賞品を獲得するという没入体験です。

豪華な「ビバシアター&クラブ」は、高性能特殊効果、ワイドマルチ画面ビデオウォール、目を見張るようなシャンデリア、VIPラウンジ席等でラスベガススタイルのナイトクラブイベントには最適の設備が整えられています。多くのミュージシャンが才能をひとつのステージ上で発揮する究極のジャムセッション『オーシャンミュージックフェスト』など、世界最高水準の没入型コンサートの開催に期待です。

ノルウェージャン ビバでは、コメディークラブ『インプルーブ@シー』や、フリートウッド・マックやローリング・ストーンズなどクラシックロックのレジェンドアーティストの曲をフィーチャーしたロックンロールトリビュート『シドノーマンズポアハウス』など、ゲストに好評だったショーの再演も予定されています。

ノルウェージャン ビバは、ほぼ10年ぶりに満を持して登場の新クラス「プリマクラス」全6隻の2隻目です。ゲストエクスペリエンスが優先されているプリマクラスの高水準サービスでは、ワールドクラスの食事、ブランド史上もっともゆとりある設計、3層構造レーストラックのビバスピードウェイを含む船上アクティビティでクルーズのレベルアップが実現しています。食事と飲み物を楽しむレストラン等の選択肢は9か所。世界中の個性ある11種の食が集合するフードマーケットのフードインダルジフードホールでは好みの料理がより取り見取り。270度のオーシャンビューを眺めながら食事ができる無料レストランのハドソンズでは洗練のメニューが提供されます。ノルウェージャン ビバはまた洋上最速のスライダー「ザ・ドロップ・アンド・ラッシュ」、NCLとしては唯一のサステナブルカクテルバー「メトロポリタンバー」も導入されています。

2023年8月にデビューのノルウェージャン ビバは、11月までは一生に一度は行きたいギリシャの島々と地中海クルーズに。その後12月にはプエルトリコのサンフアンを母港にカリブ海クルーズのシーズンをスタートします。

ルウェージャンクルーズラインの受賞歴に輝く18隻の客船と世界各地のクルーズについての詳細および予約はhttps://www.ncl.com/jp/ja/

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. img_2956.jpg
  2. 4A21FAC9-293A-4521-A772-F3F12DC99467

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、2023 年 3 月より日本でのクルーズ運航再開を発表

    最先端テクノロジー「メダリオン」による新たなクルーズ体験が日本発着クル…

  3. img_0798-1.jpg
  4. img_8079.jpg

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、次世代の新造船「サン・プリンセス」の詳細を発表

    壮大な球体型アトリウム、初となるジオデシック・ドームをはじめ、ブラン…

  5. aqua-expeditions-founder-hosted-departure-9

    クルーズニュース

    セレブシェフやCEOと巡る、ラグジュアリーアマゾン!

    アマゾンやメコンのラグジュアリーなリバークルーズ「アクアエクスペディシ…

  6. img_6427.jpg

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、「海外旅行」に関する意識調査 結果発表

    円安が海外旅行のハードルだった!今、円安でも安心して楽しめる海外旅行…

  1. 画像mscweb

    クルーズニュース

    MSCクルーズ、2021年7月就航の新造船MSCシーショアの進水式を実施
  2. cruise16autumn_72dpi

    最新号のご案内

    CRUISE Traveller秋号発売中です!
  3. いい船旅バナー (3)WEB

    インフォメーション

    3月28日(日)、JTB「いい船旅プロジェクト クルーズフェア」を実施
  4. pv-zenkeiweb

    クルーズニュース

    ぱしふぃっくびいなす、2020年下期クルーズを追加
  5. image004web

    クルーズニュース

    せとうちクルーズのguntû(ガンツウ)が竣工、船内を公開
PAGE TOP