img_4085.jpg

クルーズニュース

セレブリティシェフ、ジャーダ・デ・ラウレンティスが オーシャニアクルーズの新造船ビスタのゴッドマザーに

複数のグラミー賞やエミー賞受賞のミュージシャン、ハリー・コニック・ジュニアが 202358日、マルタのバレッタで華やかに開催される命名イベントに参加

美食と寄港地の魅力を追求し世界を牽引するオーシャニアクルーズが、著名シェフであり作家やレストラン経営者そしてエミー賞受賞フードタレントとして活躍するイタリア系アメリカ人ジャーダ・デ・ラウレンティスを、2023年5月にデビューする最新船ビスタのゴッドマザーとして任命しました。多数の著名人を招待して5月8日にマルタ共和国バレッタで行われる命名式には、デ・ラウレンティスと共に複数のグラミー賞やエミー賞受賞の歌手、ピアニスト、俳優のハリー・コニック・ジュニアも登場します。

コニックは、イタリアのローマ発7泊のビスタ周遊クルーズの途中、バレッタで行われる命名式でVIPゲストを前にスペシャルコンサートを行います。その際にゴッドマザーのデ・ラウレンティスが船首でシャンパンボトルを割る儀式を執り行い、これにより船および乗船するすべてのゲストとクルーに幸運がもたらされます。

オーシャニアクルーズ社長フランク・Aル・リオ は、「10年以上ぶりの新造船ビスタを迎えるにあたり、ジャーダとハリーが参加してくれることに感激しています。ハリーがこれまでに発表したゆったりとしたクラシックなスタイルで印象的な曲の数々は、私共20年の歴史における重要な夜会のサウンドトラックとしてまさにうってつけです。料理に特化した世界有数のクルーズラインとして、ジャーダをオーシャニアクルーズファミリーに迎え入れることはスムーズに決定されました。そのカジュアルでありながら洗練されたスタイルと、質の高い料理への真摯な思いは、ビスタにとっての完璧なレシピと言え、まさに私共の初のアリューラクラス船の象徴です。ビスタのゴッドマザーになることを承諾してくれたことは、この上ない喜びです」としています。

デ・ラウレンティスはゴッドマザーとして、ビスタ船上の料理の代表となる2品を創作。オーシャニアの誇る本物のイタリア料理スペシャリティレストラン「トスカーナ」および小型ラグジュアリー客船らしい贅をつくした料理を提供する「グランドダイニングルーム」で味わうことができます。

デ・ラウレンティスは、「フランクやオーシャニアクルーズのチームと共にビスタの命名に携わり、ゴッドマザーの役を務めるという栄誉を得たことはまさに夢のような出来事です。特に、私の生まれ故郷であるローマから初航海に出るということで感慨もひとしおです。本物のイタリア料理を作ることに私は一番情熱を傾けています。ビスタ船上でさまざまな味を楽しみ、たくさんのダイニングを探訪するのが待ちきれません。ビスタは何十年にもわたって忘れられない食の体験を提供する船となるはずです」と語っています。

世界中で2,800万枚のアルバムを売り上げたコニックは次のようにコメントしています。「オーシャニアクルーズのストーリーでこのような重要な節目に音楽と歌を披露させていただく機会を得ましたことをとても光栄に思います。美しいバレッタの町を背景に優雅な新造船と一緒に演奏したことは特別な体験として記憶に残るはずです」

全室ベランダ付き客室で世界を見聞する新しいスタイリッシュな方法を提供するビスタ。その美しいインテリアとエレガントなラインは大地と海に素材を求め、本質的なものから得た新鮮で新たな視点を反映するものとなります。

オーシャニアクルーズにとって10年以上ぶりの新造船となる乗客定員1200名のビスタのデビューにはリピーターや新規顧客からも大きな期待が寄せられ、初就航となる夏シーズンの地中海クルーズはすでに完売しています。9月にはカナダとニューイングランドに向かい、ついで南に舵取りをして冬の旅程はメキシコ、バミューダ、カリブでクルーズシリーズを展開します。

ビスタ2024年夏シーズンには東地中海、エーゲ海、アドリア海を舞台にグランドボヤージュが実施されます。イタリア、トルコ、ギリシャそして聖地の主要港やより小規模のブティック港といった魅力的あるラインナップで展開される予定。ビスタの2023年と2024年の全クルーズについてはこちらから。

ビスタと2025年5月にデビュー予定の姉妹船アリューラでは、ダイニング、宿泊、ゲスト体験で多数の個性的な「初」が展開されます。「洋上最高の料理」で知られるオーシャニアクルーズで真っ先に挙げられる高評価の料理を元に、創意に富む新ミクソロジープログラム、さらに新規の個性的な船上での食のコンセプトを提供します。また体に良いだけでなく食指も刺激する料理を提供するアクアマールキッチン、焼き立てのペストリー類のベーカリー・アット・バリスタス、新シグネチャーレストランのエンバーなどに期待が高まります。

エンバーは高級感がありながらリラックスできる空間。本格的な滋味あふれるアメリカらしい食体験の場です。オーシャニアクルーズのエグゼクティブ・カリナリーディレクター ジャック・ペパンをはじめとする偉大なシェフたちから得たインスピレーションをもとに、エンバーではナパやソノマといった有名な食の首都の現的フレッシュな活気に、アメリカの再び命を吹き込まれた伝統的な食と飲み物の暖かさと豊かさが次から次へと織り交ぜられていきます。

オーシャニアクルーズの豪華な小型船、絶品の料理、考え抜かれた旅行体験の詳細についてはこちらまで。


ジャーダ・デ・ラウレンティスとオーシャニアクルーズ社長
フランク・A.デル・リオ
2023224日、マイアミビーチのソーホービーチハウスで
開催されたビスタのゴッドマザー公表イベントにて

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. img_4578.jpg

    クルーズニュース

    「心の旅」を求めるトレンドに応える オーシャニアクルーズの「ゴーローカル」ツアー

    地域とのつながり、料理、健康志向が旅への回帰の中心に令和3年…

  2. img_9357.jpg
  3. 4 日本のよさを凝縮したような船内

    クルーズニュース

    九州全7県を一つのクルーズで巡る

    にっぽん丸から一度の航海で九州7県をめぐる「飛んでクルーズ九州~九州一…

  4. クルーズニュース

    オーシャニアクルーズ 2024年180日間世界一周クルーズを発表

    個性を競うグランドボヤージュ4行程も美食と寄港地の魅力を追求…

  5. img_4246.png

    クルーズニュース

    NCLHの 2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す取り組み

    【クルーズ事業とバリューチェーンにおよぶ脱炭素化への取り組みを強化】…

  6. img_2956.jpg
  1. img_2246.jpg

    クルーズニュース

    ポナン×ピエール・エルメ・パリ、フランスを代表する二社が洋上のコラボレーションを…
  2. img_5036.jpg

    コラム

    【初心者クルーズ紀行】7日目① ジャングルハイキング
  3. CRUISE2018aut_H1白付き

    最新号のご案内

    2018 Autumn 最新号案内
  4. img_5049.jpg

    コラム

    【初心者クルーズ紀行】7日目②
  5. img_4439.jpg

    クルーズニュース

    オーシャニアクルーズが船上の祝祭体験で「洋上最高の料理 」をさらにレベルアップ
PAGE TOP