3-1

コラム

世界一周クルーズの「基礎知識」

昨日飛鳥Ⅱの3年ぶりとなる世界一周クルーズが発表されましたが、実際世界一周クルーズってどんな感じなのでしょうか?クルーズ好きならいつか一度は行ってみたい世界一周クルーズの基礎知識をまとめてみました。

そもそもどんな人たちが乗っているの?

世界一周に乗っているのは果たしてどんな人たちなのでしょうか。少し古いデータになりますが、飛鳥Ⅱの2009年の世界一周クルーズの場合平均年齢が70.4歳、男女比は44:56、初乗船者の割合が64.6パーセントでした。もっとも多い年代は60台で51パーセント。普通のクルーズよりも年齢層は高めになっています。初乗船の割合も高いことから、やはり定年退職後に夢を叶えに…という方が多いのかもしれませんね。

乗船料金以外にかかる費用は?

ベースとなる乗船料金にどこまで含まれるかは船によって異なります。オールインクルーシブの船であれば、アルコールや寄港地観光まで含まれることも。日本船を例にとると追加料金となるのは船内でのアルコール、ショップでの買い物やクリーニングや通信のための費用。オプショナルツアーは内容により料金も変わりますが一般的には一日観光で一万円前後が多く、こちらも参加した分かかります。

荷物準備はどうしたらいいのか?

3か月前後の世界一周クルーズとなると、旅行というよりはもはや引っ越しと言えるでしょう。ですからスーツケースのほかに、日本船なら事前に荷物を詰めた段ボール箱を船に送る方が多いんです。箱はクルーズ中畳んでクローゼットにしまっておけるので便利です。オプショナルツアーの中には宿泊を伴うオーバーランドツアーもあるので、そういったときに使える小さ目のボストンバッグもあると良いですね。化粧品など海外のものが肌に合わない場合もありますから、いつも使用しているものを多めに持っていくのもポイントです。大抵のものは船内ショップにもありますが、長い旅では普段使っているものがあったほうがやはり安心というものです。

最後にちょっとした予約時のポイント

多くの港に寄港する世界一周クルーズ。海外では一般的に離岸・接岸は右舷着けが多いと言われており、キャビンから入港出港を眺めたい場合は右舷がおすすめ。

なかなか一生で何度も、というわけにはいかない世界一周クルーズ。行く場合には予約や準備段階から楽しみたいですね!

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. olympia_ship02

    おすすめコース

    エーゲ海クルーズ、注目のコースをご紹介

    クルーズの定番エリアの一つ、エーゲ海。サントリーニ島やミコノス島の風景…

  2. aqua-expeditions-founder-hosted-departure-9

    クルーズニュース

    セレブシェフやCEOと巡る、ラグジュアリーアマゾン!

    アマゾンやメコンのラグジュアリーなリバークルーズ「アクアエクスペディシ…

  3. _D3_7776

    コラム

    船内ファッションスナップ@MSCプレチオーサ

    皆さん船内でのファッションについて参考にしているものはありますか?一般…

  4. EXP Regent Suite Spa 038

    コラム

    世界最高峰のスイートキャビンにはどんなサービスが含まれているのか

    今月発売される「CRUISE Traveller」最新号は、スイートキ…

  5. %ef%bc%93

    トピックス

    香港路地裏の味が恋しい人へ

    クルーズの寄港地や発着地になることも多い香港。立ち寄った際には香港のロ…

  6. nipponmaru_hintmint_wb

    トピックス

    HINT MINT×にっぽん丸コラボの新商品登場です

    客船のショップにはさまざまなオリジナル商品があり、常に新商品も登場して…

  1. olympia_ship02

    おすすめコース

    エーゲ海クルーズ、注目のコースをご紹介
  2. cruise08_72dpi

    バックナンバー

    2014年 春号
  3. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  4. cruise07_72dpi

    バックナンバー

    2014年 冬号
  5. P78本画像 (1)

    インフォメーション

    ロングクルーズフェア2018東京、10月17日開催!
PAGE TOP