img_8079.jpg

クルーズニュース

プリンセス・クルーズ、次世代の新造船「サン・プリンセス」の詳細を発表

壮大な球体型アトリウム、初となるジオデシック・ドームをはじめ、ブランド史上最大の客船に革新的な施設が数々登場

プリンセス・クルーズは、乗客定員4,000名を超えるブランド史上最大の新造船「サン・プリンセス」に ついて発表しました。サン・プリンセスは、プリンセス・クルーズのロゴ、シーウィッチからインスピレー ションを得た滑らかでクリーンなラインとデザインの美しさをそのままに、素晴らしい眺望、広々とした船内施設、革新的なエンターテイメント施設、多層階のダイニングルーム、ワンランク上の客室を誇り、アメリカの大人気ドラマ「ラブ・ボート」で人気を博した「サン・プリンセス」の名を受け継ぐ3代目の客船として、再びデビューします。

2024年初めにデビュー予定の「サン・プリンセス」(総トン数175,500トン)は、現在イタリアのフィンカ ンティエリ造船所で建造中です。プリンセス・クルーズ史上最大の客船として、イタリアの伝統を受け継ぎ、 ブランドを象徴するピアッツァとサントリーニ島のテラスに着想を得た最先端のエンターテイメント・スペ ース「ザ・ドーム」などを備えています。また、サン・プリンセスは最先端テクノロジーであるメダリオン の導入により、お客様のご要望に合わせたきめ細かいサービスを提供する最新の客船となります。プリンセス・クルーズでは、世界最大クラスの客船にふさわしいバラエティ豊かなアメニティを提供する一方で、業界最小クラスの客船で提供するパーソナライズされたサービスを体験することができます。

プリンセス・クルーズ社長のジョン・パジェットは次のように述べています。 「サン・プリンセスは、プリンセス・クルーズの伝統を受け継ぎながら、私たちのブランドを象徴するエレガントなピュアラインとして、大胆に未来を切り開く新造船です。サン・プリンセスの最上階に位置する、 これまでに類を見ない「ザ・ドーム」や、ガラス円球型の施設「ピアッツァ」は革新的なデザインを取り入れており、船体中央部から突き出し海を見渡すことができるため、海とつながる素晴らしい機会を提供します」。

サン・プリンセスを紹介する動画(英語)は こちら 、画像は こちの各リンク先からご覧いただけます。また、 サン・プリンセスは2024年春夏の地中海クルーズに続き、 2024年秋にフォート・ローダーデール発着の西・東カリブ海クルーズに就航します。

革新的なサービスの提供


ピアッツァ

船内には光があふれ、 ダイナミックな眺望や、 サービスから食事、 エンターテイメントに至るまで、 革新的な体験をお客様にご提供します。 3層吹き抜けのピアッツァは船体中央部から突き出したガラス円球型で、 快適な座席が置かれ、 様々な方向から海の景色を楽しむことができる象徴的な施設となっています。 また、 ピアッツァ中央のLEDスクリーンは、 ライブエンターテイメント番組の配信に対応できるよう、 移動・設置が可能です。 ピアッツァの横には、 新コーヒーショップ「コーヒー・カレンツ」、 カクテルバー「ベリーニ」、 プリンセス・クルーズでお馴染みの「クルナーズ・バー」、 「アルフレッド・ピッツェリア」などがオープンする予定です。

サン・プリンセスでもうひとつ目を引く施設が、 「ザ・ドーム」です。 サントリーニ島のテラスからインスピレーションを受けたこの施設は、 多層デッキの屋根付きの空間で、 クルーズ客船では初の本格的なガラス張りのドームが特長です。 屋内外のプールやユニークな噴水があり、 日中は快適でリラックスできる空間となっています。 夜にはプールがステージとなり、 ドームはサウスビーチの雰囲気と共に、 最先端の照明効果、 そして見事な空中パフォーマンスが楽しめるエンターテイメント施設へと変わります。 船内は、 海のロマンを表現し、 朝から夜まで外の景色をお楽しみいただける明るく軽やかなインテリアデザインとなっています。 サン・プリンセスでは、 お客様の印象に残る美しい寄港地や海の景色の数々をさらに堪能できる機会をご提供します。


ザ・ドーム

スイートとその他客室のリニューアル

スイート50室、 コネクティングルーム100室を含む全2,157室で、 21デッキまであるサン・プリンセスは、 屋外のバルコニースペースが広く、 すべてのバルコニー客室に室内ソファが備え付けられています。 また、 サン・プリンセスでは、 新しいスイートルーム「シグネチャー・コレクション」が登場します。「シグネチャー・コレクション」では、 プレミアムな客室アメニティに加え、 「シグネチャー・レストラン」、 「シグネチャー・ラウンジ」、 大人専用のリラクゼーションスペースであるサンクチュアリ内のプライベートエリア「シグネチャー・サンデッキ」をご利用いただけます。


カバナ

サン・プリンセスでは、 プリンセス・クルーズの全船において共通する客室カテゴリー「クラブ・クラス」を「リザーブ・コレクション」として、 最高のロケーションのジュニア・スイートをご提供します。 リザーブ・コレクションには、 バルコニーとプライベート・カバナ(広々とした屋外ラウンジスペース)を備えたリゾートスタイルの客室、 リザーブ・コレクション・カバナルームも含まれます。 この客室カテゴリーでは、 専用の「リザーブ・コレクション・レストラン」をご利用いただけます。 華やかでエレガントなデザインに加え、 サン・プリンセスには持続可能な要素が設計に盛り込まれています。 サン・プリンセスは、 カーニバル・コーポレーションが取り組むグリーン・クルージングの一環として、 LNG燃料技術を搭載する計11隻の新造船のうちの1隻です。 サン・プリンセスの初就航シーズンは、 2024年初めの地中海クルーズを予定しています。 最初の3コースについては米国の現地時間2022年9月16日(金)より販売を開始しました。

この新造船は、 初代サン・プリンセス(1974年~1988年)、 2代目(1995年~2020年)に続き、 サン・プリンセスの名を冠する3代目となります。 当時はバルコニー付き客室の数が最も多く、 業界初となる24時間営業のカフェを備えた革新的な客船としてデビューしました。

サン・プリンセスのダイニング、 エンターテイメント、 船内設備などの詳細については、 今後順次発表予定です。 最新情報は、 プリンセス・クルーズウェブサイト(英語)をご覧ください。

また、 サン・プリンセスに続くスフィア・クラスの2隻目となる新造船は、 フィンカンティエリ社の造船所で建造され、 2025年春に完成予定です。

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. aqua-expeditions-founder-hosted-departure-9

    クルーズニュース

    セレブシェフやCEOと巡る、ラグジュアリーアマゾン!

    アマゾンやメコンのラグジュアリーなリバークルーズ「アクアエクスペディシ…

  2. img_7428.jpg

    クルーズニュース

    ノルウェージャンクルーズラインの最先端クルーズ船ノルウェージャン プリマが正式に引き渡し

    ノルウェージャン プリマのゴッドマザー、世界的スーパースターのケイテ…

  3. img_9366.jpg

    クルーズニュース

    リージェント セブンシーズクルーズ 寄港地観光に新コンセプトの知的体験型ツアーを導入

    2022年夏以降出発のクルーズで「ビハインド・ザ・デザイン」と「エ…

  4. hurano_IMG2739

    クルーズニュース

    さんふらわあふらの、大洗~苫小牧に就航

    大洗港(茨城県)と苫小牧港(北海道)を結ぶ新造フェリー「さんふらわあ …

  5. Silver Muse, Sea trials

    クルーズニュース

    シルバーシークルーズ、2022~2023年のクルーズを発表

    シルバーシークルーズは、2022年~2023年にかけて運航するクルーズ…

  6. img_6043.jpg

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、新料金プラン「プリンセス・プレミア」を発表

    無制限高速Wi-Fi、高級アルコールを含むドリンクパッケージ、チップ…

  1. DCIM100MEDIADJI_0276.JPG

    クルーズニュース

    新造船ノルウェージャンブリスが命名式
  2. cruise14winter_72dpi

    バックナンバー

    2015年 冬号
  3. aqua-expeditions-founder-hosted-departure-9

    クルーズニュース

    セレブシェフやCEOと巡る、ラグジュアリーアマゾン!
  4. 4 日本のよさを凝縮したような船内

    クルーズニュース

    九州全7県を一つのクルーズで巡る
  5. CRUISE2019sum_H1白付き

    最新号のご案内

    CRUISE Traveller 2019 Summer 最新号案内
PAGE TOP