co_FIL_CF006853

クルーズニュース

新造船シルバームーン、海上での試験運航を実施

シルバーシークルーズが建造中の新造船「シルバームーン」は、海上での試験運航を実施しました。

この試験運航では、イタリアのアンコーナにあるフィンカンティエリ造船所からトリエステの造船所までの間を運航しながらさまざまなテストを実施。健康管理ガイドラインの規定により、参加者を通常より少ない320名に減らしての実施となり、テスト後はトリエステで1週間のドライドッグを行いました。同船の引き渡しは10月30日に予定されており、6月30日にデビューした「シルバーオリジン」に続き、2020年には2隻がシルバーシーのウルトララグジュアリークラスの船隊に加わることとなります。

試験運航には、シルバーシーのシニアオフィサー、社外エンジニア、フィンカンティエリとロイヤルカリビアングループ両社から主だった担当者が集まり、まず8月8日から3日間かけて騒音や振動のチェックなどの1次テストが行われました。トリエステで水面から引き揚げられドライドッグに入ると、安全性テストやパブリックスペースの内部査察が行われ、エンジニアは船体の洗浄や塗装、真鍮の巨大なプロペラの研磨など外装の仕上げを実施。続いて、トリエステからアンコーナへ戻る間、スピードテストなどの2次テストが行われ、また10月の引き渡しに向け、内装の仕上げが開始されました。

このシルバームーンと、先にデビューした姉妹船シルバーミューズは、歴史ある造船会社フィンカンティエリとシルバーシーの長年のパートナーシップにより誕生しました。両船の建造には390社以上の会社が関わり、繁忙期には1,000人もの熟練工が同時に働きました。塗装には、約10万リットルの塗料が使われ、甲板上部の構造体を作るために15,000枚の鋼鉄の板や柱が使われたといいます。約169万mの電気ケーブルが18社の請負業者によって設置され、6万㎡の断熱材、45万kgの空調ダクト、9万2000kgの換気ダクトが設置されました。さらに、船内の様々な機器を接続するため、5,000以上のオートメーションチャネルが取り付けられました。

シルバーシーの社長兼CEO、ロベルト・マルティノリ氏は、「新造船を続々と投入し、ウルトララグジュアリーなクルーズを拡大していく中で、シルバームーンは革新的な1隻となるでしょう。愛すべきシルバーミューズの成功を引き継ぎ、この船は“旅”の枠をさらに広げ、世界中のお客様に意義深い体験を提供するでしょう。同船で導入するS.A.L.T.プログラムは、目的地を深く掘り下げる体験をするための先駆的な新しい方法です。近い将来、この船にお客様をお迎えする日を個人的にも楽しみにしています」と述べました。

試験運航中の空撮映像も公開されています。
https://youtu.be/rDP4My09I5g

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. MSC Bellissima
  2. img_9357.jpg
  3. img_7226.jpg

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、トラックハウス・レーシングに参入

    世界有数の国際的なクルーズラインがワトキンズ・グレン・アンド・ホーム…

  4. %ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%91

    クルーズニュース

    スーパースターヴァーゴが大阪や鹿児島へ

    スタークルーズの旗艦船であるスーパースターヴァーゴが、2017年7月~…

  5. OC_O_Riviera.jpg_2023-12-13_18-47-33
  6. img_2258.jpg

    クルーズニュース

    砕氷船『ル・コマンダン・シャルコー』11月1日初出港

    仏・クルーズ会社「ポナン」南極への航海をいち早く再開…

  1. unnamed

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、世界中の権威ある旅行事業団体から最優秀賞を受賞
  2. 20180323_SS18_Yeung_a4329_2x1

    インフォメーション

    11月7日クルーズフェア、プレビュー
  3. 21540416628_2175bb965f_o

    クルーズニュース

    MSCクルーズ初の日本発着クルーズ、発表
  4. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  5. img_1720.jpg

    クルーズニュース

    セレブリティクルーズ、2023年の配線を発表。
PAGE TOP