VOY at Dock (1) (1)

クルーズニュース

リージェント セブンシーズ クルーズ、ミシュランの星獲得レストランを体験できる7つのクルーズ発表

リージェント セブンシーズ クルーズより、『他の追随を許さない美食体験』と謳われたプログラムが発表されました。プログラムは2021年と2022年の7つのクルーズで構成。いずれも寄港地で予約困難なミシュランの星獲得レストランを訪れるというもの。乗るだけでエピキュリアンな航海とは? 詳細を見てみましょう。

Geranium©Claes Bech-Poulsen

Geranium©Claes Bech-Poulsen

Geranium©Claes Bech-Poulsen

Geranium©Claes Bech-Poulsen

1.「ゼラニウム」コペンハーゲン
2022年8月7日発。セブンシーズ スプレンダーでロンドンからコペンハーゲンに至る12泊コース。ロシアでのオーバーナイトを含めノルウェー、スウェーデン、ラトビア、エストニア、フィンランドの10の港を訪れます。美しい景色とバルト三国の多彩な文化を楽しみながら、ヨーロッパの長い夏の日を過ごします。クルーズの締めくくりには、デンマークで唯一ミシュラン三つ星を獲得しているコペンハーゲンの「ゼラニウム」で豪華な食事を。シェフのラスムス・コフォードの進歩的なメニューの核心は自然とテクノロジーの融合。その料理はエディブルアートと表現されているそうです。

La Vague d'OrⒸ V. Mati

La Vague d’OrⒸ V. Mati

La Vague d'OrⒸR. Haughton

La Vague d’OrⒸR. Haughton

2.「ラ・ペルゴラ」ローマ
2022年4月25日、セブンシーズ ボイジャーでバルセロナからローマに向けて出航。スペイン、フランス、マルタ、イタリアの魅力を発見しながら地中海東部を巡ります。下船後のお勧め美食体験は、ウォルドーフ・アストリア内にあるローマ初かつ唯一のミシュラン三つ星レストラン「ラ・ペルゴラ」で。厨房を取り仕切るのは料理長ハインツ・ベック。ルーフガーデンのテラス席からは永遠の都ローマのパノラマを見晴らします。地中海料理を代表する料理の数々は厳選食材をもとに生み出される革新の味を堪能するというもの。

3.「ブルーベイ・モンテカルロ」モナコ
セブンシーズ マリナーで2021年10月16日にベネチアを出航し15泊でバルセロナまで。途中、クロアチア、モンテネグロ、ギリシャ、イタリア、フランス、スペインの美しい港を訪れ、モナコではオーバーナイトステイします。モンテカルロはモナコの中心地。美しいビーチやカジノ、またセレブが住んでいることでも知られています。この小さな地域にミシュランの星付きレストランは6軒以上あります。モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート内にある「ブルーベイ」へは、ホテルのバレーパーキングや専用ヘリポートを利用してアクセスできます。海を臨むテラス席で地中海とカリブ海の味を堪能できる極上のディナー。凄くラグジュアリーですね。

ⒸSpondi

ⒸSpondi

4.「スポンディ・アテネ」ギリシャ
2021年10月28日、セブンシーズ スプレンダーでイスタンブールを出発し、同じトルコのクシャダスからギリシャの5つの島々、そしてアテネへ。ギリシャの古都アテネには、二つ星を獲得の「スポンディ」をはじめ、ミシュランの星付きレストランが3軒あります。スポンディの料理はフランス料理の流れ。ギリシャ、フランス、イタリアのワインとのペアリングメニューが評価を受けて2002年にアテネ初の星獲得レストランとなりました。

5.「クリストファー・クータンソー」ラ・ロシェル(フランス)
セブンシーズ ボイジャーで2022年9月2日発、12泊でヨーロッパを巡るクルーズはブルージュ(ベルギー)、パリ、ボルドー、ビルバオ、オポルトなど美しい港に立ち寄ります。また、フランスの風光明媚な海沿いの町ラ・ロシェルではたっぷり終日滞在も。シェフの名を冠したミシュラン三つ星獲得のレストラン「クリストファー・クータンソー」で一生に一度の食体験もゆっくりと過ごすことができます。持続可能な漁で海の資源を守る活動に熱心なシェフの料理には、海の恵みをそのままテーブルに届けたいという思いが反映されているというから楽しみですね。

6.「インデゴ・バイ・ヴィニート」ドバイ(UAE)
そして日本人には注目の2022年3月20日発、セブンシーズ エクスプローラーによる36泊のクルーズ。東京を出航後、沖縄(日本)、台北(台湾)、ハノイ、コロンボ、ゴア(インド)、マスカット(オマーン)などに。アジアと中東を巡る壮大な船旅でこの地域のユニークな寄港地を探訪。オーバーナイトステイのドバイでは、手の込んだ料理が評判の「インデゴ・バイ・ヴィニート」で進歩的なインド料理を。ヴィニート・バティアが率いるこのレストランは、土地のスパイスやフレーバーを取り入れた革新的な料理が評価され、インド料理のレストランとしては初めてミシュランの星を獲得しました。

7.「ロコ、リスボン」
2022年10月31日にセブンシーズ ボイジャーでアテネ発。12泊でメッシーナ(シチリア)、トスカーナ、ニース、セビリアなど地中海を代表する寄港地を巡ります。ポルトガルのリスボンで下船の後もラグジュアリー体験が。注目のロコはシェフのアレクサンドル・シルバが率いるミシュランの星付きレストラン。地元の食材をふんだんに使用した創作料理の数々が2種類のデギュスタシオンメニューに凝縮されています。

ラグジュアリークルーズラインなら、地上でも、そして洋上でも最上の美食を楽しめるクルーズが可能です。セブンシーズ スプレンダーを例にとると「コンパス ローズ」はヴェルサーチェのディナーウェアでサーブされるエレガントなメニューやカスタマイズされたメインディッシュが。「ラ ベランダ」に併設されたデッキレストラン「セッテ マーリ」では、本格的イタリア料理と上質ワインを星空の下で。パリの高級レストランの雰囲気が漂う「シャルトリューズ」ではフランス料理の伝統にモダンなひねりを加えた新しい味わい等々、多彩な美食体験が堪能できます。まさにエピキュリアン、食通のための船ですね。

リージェント セブンシーズ クルーズについての詳細は https://jp.rssc.com/

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施

    キュナードは、登録会員のスマートフォンやパソコンに向けたメールマガジン…

  2. Silver Muse, Sea trials

    クルーズニュース

    シルバーシークルーズ、2022~2023年のクルーズを発表

    シルバーシークルーズは、2022年~2023年にかけて運航するクルーズ…

  3. 無題2

    クルーズニュース

    人気のハワイクルーズに、期間限定のスペシャルオファー!

    エキゾチックなハワイの島々をプライドオブアメリカで巡るノルウェージャン…

  4. 21540416628_2175bb965f_o

    クルーズニュース

    MSCクルーズ初の日本発着クルーズ、発表

    次々と外国客船の日本発着クルーズが発表される中、地中海で圧倒的なシェア…

  5. Scenic Diamond, Bordeaux

    クルーズニュース

    シーニッククルーズ、日本語HPオープン!

    ドナウ川やライン川を始めとするヨーロッパリバークルーズ「シーニッククル…

  6. %e9%a3%9b%e9%b3%a5

    クルーズニュース

    飛鳥Ⅱ、2020年下期クルーズと感染防止対策プランを発表

    「飛鳥II」(50,444トン)による、2020年11月~2021年1…

  1. 20 フレンドリーな雰囲気が愛される船

    クルーズニュース

    ぱしふぃっくびいなす、GWに横浜ワンナイトクルーズ
  2. _CTS0066-iloveimg-resized (1)

    インフォメーション

    春のクルーズトラベラーサロン、開催!
  3. Unique Imaging retouched

    クルーズニュース

    ノルウェージャンクルーズがついにキューバへ!
  4. %e9%a3%9b%e9%b3%a5

    クルーズニュース

    飛鳥Ⅱ、2020年下期クルーズと感染防止対策プランを発表
  5. IMG_9406

    インフォメーション

    第一回クルーズトラベラーサロン開催レポート
PAGE TOP