image004web

クルーズニュース

せとうちクルーズのguntû(ガンツウ)が竣工、船内を公開

株式会社せとうちクルーズが、常石造船株式会社において建造に取り組んできた客船「guntû(ガンツウ)」が竣工し、船内を公開しました。「guntû(ガンツウ)」は、「せとうちに浮かぶ小さな宿」をコンセプトにした宿泊型の客船。木材を多用した客室と、切妻の屋根、縁側といった客船では珍しいつくりが船の特徴です。船首の景色を180 度独り占めする、ザ ガンツウスイート(約90 ㎡)や、広々としたテラスを有するグランドスイート(約80 ㎡)、露天風呂か内風呂かで選ぶテラススイート(約50 ㎡)は、いずれも海に面したスイート仕様となっており、瀬戸内の景色と一体となって寛げる空間。電気推進システムを採用しており、瀬戸内海ならではのゆったりと静かな船旅を体験できるでしょう。

guntû(ガンツウ)の詳細は以下の通り。
[ 就航 ] 2 0 1 7 年1 0 月1 7 日( 火) 広島県尾道市にあるベラビスタマリーナから就航。
[ 設計・デザイン ] 船のデザインは、建築家、堀部安嗣( ほりべ やすし) 氏。
[ 客室 ] 客室は全1 9 室( 4 タイプ) 。室料は1 泊、4 0 万円~ 1 0 0 万円( 1 室を2 名利用の場合) 。
[ 施設 ] 展望デッキ・ダイニング・縁側・カフェバー・鮨カウンター・炭焼き台・ショップ・ラウンジ・ジム・トリートメントルーム( エステ)・サウナ付き大浴場・テンダーボート( 2 艇)
[ 航路 ]
2 泊3 日、3 泊4 日のツアーを中心に瀬戸内海を巡る6 航路を用意。世界遺産のある宮島( 広島県) 、アートで知られる直島( 香川県) 、広島・山口・愛媛・香川・岡山などを周遊。本船は寄港せず、沖合で錨泊をしながら運航し、搭載したテンダーボートを利用しゲストを各地へとご案内します。
[ 予約・販売 ]
「g u n t û( ガンツウ)」による瀬戸内海クルーズは、東京・日比谷の帝国ホテル本館内の「ガンツウ ギャラリー」にて、予約・販売中。
image001gantu2
image005wec

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. low_1489363567_MagicCarpetDay19-HR-copy-A

    クルーズニュース

    セレブリティの新造船「セレブリティエッジ」ってどんな船?

    セレブリティクルーズの2008年ソルスティスクラス以来の新造船となる「…

  2. img_4707

    クルーズニュース

    にっぽん丸最新人気お土産紹介

    長いクルーズであれ短いクルーズであれ、皆さん乗船されたら必ず一度は船内…

  3. 【ガンツウ】web

    クルーズニュース

    瀬戸内海を巡る新造船guntû(ガンツウ)、10月17日に就航

    瀬戸内海を巡る新造客船guntû(ガンツウ)が、2017年10月17日…

  4. 4 日本のよさを凝縮したような船内

    クルーズニュース

    【日本の港】日本船の寄港回数ランキング、Best10

    2016年、日本各地に多くの客船が寄港しました。外国船の寄港もとても多…

  5. RF19776 - Queen Elizabeth -- Queen Elizabeth (1)

    クルーズニュース

    キュナード、2020 年秋のクイーンエリザベス日本発着クルーズを発表

    キュナードは、2020 年春に続き、2020 年秋に再びクイーンエリザ…

  6. Genting Dream_0042

    クルーズニュース

    ゲンティンドリーム、2017年12月よりシンガポールを母港に運航

    アジア初のプレミアムクルーズブランドとして立ち上げられたドリームクルー…

  1. DI_2017_0913_JS_Ship at Sea_Drone_02

    クルーズニュース

    プリンセスクルーズ、2019年第1シーズンの日本発着クルーズを発表
  2. 1 (20)

    インフォメーション

    MSCスプレンディダ船上でイベントを開催しました。
  3. DSCN9823we

    最新号のご案内

    新連載「時代はスモール&ラグジュアリー」スタートしています!
  4. CRUISE2019spr_H1-4_480-790

    最新号のご案内

    2019 Spring クルーズトラベラー最新号案内
  5. RCI_LB_liberty_sabor_family-111

    コラム

    子どもと一緒にクルーズに行きたい!3つの理由
PAGE TOP