クイーンエリザベス

インフォメーション

船旅と時計Vol.1 クイーンエリザベスの旅に似合う時計は?

世界で最も有名な客船の一つである「クイーンエリザベス」。日本でも圧倒的な人気を誇り、日本発着のコースはあっという間に売り切れてしまいます。その人気の秘訣はやはり「船旅らしい船旅を楽しめる」世界観ではないでしょうか。
船内に足を踏み入れると迎えてくれる3層吹き抜けのグランドロビーには初代クイーンエリザベスをモデルにした寄木細工の壁画。客船での旅に、これから出かける!という気分が盛り上がる壮大な空間です。そして昼間は英国式のアフタヌーンティー、夜は優雅な社交ダンスの場となるクイーンズルーム。
近年は厳格なドレスコードを設定しない客船も多くなり、カジュアルなファッションで楽しむクルーズも増えましたが、伝統的なドレスコードを楽しみたいという方も多いもの。クイーンエリザベスではクルーズ「ならでは」のドレスアップも思う存分楽しめます。

そんなクイーンエリザベスの旅に似合う時計は一体どんなものでしょうか。日中くつろいだ気分でアフタヌーンティーを楽しむ時間には、シンプルな装いを引き立てるアクセントになり、フォーマルナイトでは華やかなロングドレスに負けない存在感を放つ。たとえば、ショパールの「ルール・ドゥ・ディアマン」はいかがでしょう。カンヌ国際映画祭ではレッドカーペットを歩く女優たちをジュエリーで輝かせるショパールですが、この時計も往年の大女優が身に着けていそうな華やかさを持っています。最近では控えめなダイヤモンド使いが主流でしたが、大粒のダイヤモンドが今新鮮です。ピンクのマザーオブパールと大粒ダイヤが光を放つ一本は、クイーンエリザベスの重厚な空間によく似合うはず。フォーマルナイトのドレスアップ姿もよりゴージャスになることは間違いありません。
ショパール

〈ショパール〉ルール・ドゥ・ディアマン
レディス、自動巻、ケース径35.75ミリ、非防水
7,905,600円 ※商品のお渡しは受注後約3か月

【船旅にふさわしい一本を探しに行きませんか?】
第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~
会期:8月16日(水)~8月28日(月)
会場:日本橋三越本店 本館7階 催事会場
※8月22日(火)は店舗休業日
※最終日は午後6時終了
http://www.mitsukoshiguide.jp/worldwatch/

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. 5-1

    インフォメーション

    本日はスモールシップフェアです!

    本日3月17日はスモールシップフェア2017が開催されます。場所は東京…

  2. 20180817_130544023

    インフォメーション

    横浜で家族向けのクルーズフェア開催!

    クルーズ旅行の専門店、JTB PTSクルーズラウンジ横浜が、9月22日…

  3. 1F web

    インフォメーション

    10月31日(火)『クルーズトラベラーサロン フランチャコルタを 楽しむ夕べ』参加者募集!

    クルーズトラベラー読者のための集い『クルーズトラベラーサロン フランチ…

  4. P78本画像 (1)

    インフォメーション

    ロングクルーズフェア2018東京、10月17日開催!

    最新号「客船に住まう。」特集にて紹介したロングクルーズの魅力。誌面では…

  5. インフォメーション

    CRUISE Traveller 秋号発売中止のご案内

    読者のみなさまへいつもクルーズトラベラー誌をご愛読いただき誠に…

  6. 馬事写真

    インフォメーション

    客船のように暮らしたいVol.2 ホテルライクなサービスと社交のある日常

    客船で旅をしているような暮らしを実現するための不定期コラム第1回は、家…

  1. CRUISE2018aut_H1白付き

    最新号のご案内

    2018 Autumn 最新号案内
  2. MSC Bellissima

    クルーズニュース

    MSC クルーズ、ClassNKより衛生と安全に関する認証を取得
  3. img_5975.jpg

    クルーズニュース

    リージェント セブンシーズクルーズが2024年までの260クルーズでラグジュアリ…
  4. img_9094.png

    クルーズニュース

    世界最大 23 万トン、待望の新造船「ワンダー・オブ・ザ・シーズ」がデビュー
  5. Genting Dream_0042

    クルーズニュース

    ゲンティンドリーム、2017年12月よりシンガポールを母港に運航
PAGE TOP