_07E1531

コラム

スモールシップはこんな人におすすめ!

先週金曜日に東京国際フォーラムにて開催されたスモールシップフェア、沢山の方にお越しいただきありがとうございました。そこで多くの方から聞かれたことが「スモールシップって大型客船と何が一番違うんですか?」ということ。そこで、スモールシップはどんな好みの人におすすめなのか少しまとめてみたいと思います。

通な寄港地に行きたい人

スモールシップはその名前通り、船自体のサイズが小さ目です。ですから大型客船では寄港できない小さな港を得意とします。定番の寄港地には一通り行った、という方にもおすすめですし、あまりまだ知られていない場所に行くのが好き!という方にもおすすめです。

船内ではのんびり過ごしたい人

大型客船に大抵あるウォータースライダー付きの大きなプールやさまざまなアクティビティ、一週間のクルーズでは体験しきれないほどの施設…というものはスモールシップにはありません。レストランやバーにラウンジ、ライブラリー、そしてプールにシアターが基本施設。そんなこぢんまりした空間でゆったり過ごしたいという方にとってもおすすめ。

クルーやほかのお客さんとの距離が近いほうがいい人

スモールシップは当然ながら乗船しているお客さんの人数も大型客船よりずっと少ないです。ということはクルーもすぐにお客さんの顔や名前を覚えてくれるし、パブリックスペースでは同じお客さんと顔を合わせやすくなります。「クルーには自分の好みなどを覚えてパーソナルなサービスをしてほしい」「他のお客さんと仲良くなりたい」という方にはうってつけです。

美味しい食事を楽しみたい人

誤解のないように言うと、大型客船でも美味しい食事はもちろん楽しめます。でも一度に作る料理の数が少なければその分手をかけることができるので、より凝った食事を味わうことができるというわけです。それ以外に寄港地の市場で仕入れた新鮮な土地の食材が出てくる、なんていうのもスモールシップならではかもしれません。大型客船の数千人分の食材を市場で気軽に買うのはやはり難しいですからね。

上記にあてはまる!という人は、スモールシップがきっと向いています。一度乗船してみてはいかがですか?

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. main

    インフォメーション

    モルトンブラウンとシーボーンクルーズがコラボレーションした、限定コレクション発売

    英国ブランド「モルトンブラウン」とシーボーンクルーズがコラボレーション…

  2. aqua-expeditions-founder-hosted-departure-9

    クルーズニュース

    セレブシェフやCEOと巡る、ラグジュアリーアマゾン!

    アマゾンやメコンのラグジュアリーなリバークルーズ「アクアエクスペディシ…

  3. hurano_IMG2739

    クルーズニュース

    さんふらわあふらの、大洗~苫小牧に就航

    大洗港(茨城県)と苫小牧港(北海道)を結ぶ新造フェリー「さんふらわあ …

  4. %e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%99%e3%82%b9%ef%bc%92

    クルーズニュース

    クイーンエリザベス、2019年に初の横浜発着発表

    今から2年後の2019年、オリンピックを翌年に控え盛り上がっているであ…

  5. ミリタリーweb

    おすすめコース

    クリスタルシンフォニーで、スコットランドの伝統「エディンバラ ・ミリタリー・タトゥー」へ

    1950年より休演することなく毎年開催されている、ザ・ロイヤル・エディ…

  6. MSC Bellissima

    コラム

    シリーズインタビュー「来たる晴天の航海に向けて」第1回~MSCクルーズオリビエロ・モレリ氏

    新型コロナウィルスの影響で先行きが見えない状況下、クルーズ再開に向けて…

  1. 009

    メイキング

    一見マンション!? 実は野生に触れられるクルーズ船です
  2. yuusen1

    おすすめコース

    クリスタルシンフォニーで、白夜の季節のバルト海へ
  3. P78本画像 (1)

    インフォメーション

    ロングクルーズフェア2018東京、10月17日開催!
  4. EMBARK NCL Spotlight Series - The Choir of Man - Live from London 216 (1)

    クルーズニュース

    ノルウェージャン、「ザ・クワイア・オブ・マン」のキャストによるスペシャルパフォー…
  5. "Paul Gauguin" cruiseship

    おすすめコース

    水上バンガローだけではない、タヒチのもう一つの楽しみ―客船ポールゴーギャン
PAGE TOP