img_9357.jpg

クルーズニュース

オーシャニアクルーズが 2023年5月からビスタで開始の革新的ミクソロジープログラム「モエ・エ・シャンドンのシャンパン体験」などを発表

新たなバーコンセプトにはスペシャリティビバレッジカート、フレーバードスモークバブル、ゼロプルーフカクテル、木樽熟成ネグローニなどが

「洋上最高の料理」で美食と寄港地の魅力を追求し世界を牽引するオーシャニアクルーズが、2023年5月20日にデビューする乗客1,200名クラスのビスタにますます洗練度を増した革新的バープログラムを導入、創造性と多様性における新たな頂点を目指します。オーシャニアブランドのアリューラクラス新造船の第1号となるビスタ船上で、フレーバードスモークバブル、低糖・無糖ワインやノンアルコールカクテルなどの幅広いセレクション、木樽で熟成したネグローニ、さらにスペシャリティビバレッジカートのバブリーバーとアルティメイトブラディメアリーバーなどによるカクテル作りの最新トレンドや技術が披露されます。

オーシャニアクルーズ社長兼CEOハワード・シャーマンは、「オーシャニアクルーズでは、食とドリンクを中心に据えて、ラグジュアリーなクルーズ体験として、飲食を最優先にサービスの水準を高めるよう常に努力をしています。ビスタは、カジュアルなものから贅を尽くしたものまで、驚くほど多くの食の選択肢を提供して洋上最高の料理に新たな視点をもたらしますが、当然、バープログラムもそれにふさわしいものとなります。最新スピリッツのセレクションや幅広いモクテル、新ペアリングメニュー、モエ・エ・シャンドン シャンパンエクスペリエンスの導入など、私たちのチームは実に素晴らしい成果をあげています」としています。

同コーポレート・ビバレッジ・マネジャーのダニエラ・オアンサは、「ビスタのバープログラムを開発するため、私は料理チームと共に、自家製シロップやリダクション(濃縮カクテルベース)の作成など、天然由来の食材をカクテルづくりに生かすことに取り組みました。熟練バーテンダーがオールドファッションドのカクテルをゲストの目の前でスモークしたり、エスプレッソマティーニがテーブルサイドで作られるなど、ビスタでは飲むこと自体が体験となります」との説明を加えています。

没入型ミクソロジー体験などの新コンセプト

ビスタのバープログラムでもっとも注目される点は、特製シャンパンカクテルを提供するバブリーバーや、ブランチにぴったりのドリンクを自分で作れるアルティメイトブラッディメアリーバー等のスペシャリティビバレッジカートによる、飲み物を介しての没入感ある体験です。その他の体験は以下の通り:

  • カジノミクソロジーバーは、ビスタの新企画コンセプトで、カクテルアートのみに特化。バーボンウイスキーとライウイスキーの個性的セレクションを誇り、カクテルやスピリッツはテーブルサイドで調合されます。樽出しネグローニストレートや、アロマフレーバーのバブルがトッピングされたカクテル「フレーバーブラスターガン」などはインスタ映え間違いなしです。
  • オーシャニアクルーズのシグネチャーバー「マティーニス」では、ワイト島で環境に配慮して採取された植物由来の材料から手作りされたマーメイドジンとウォッカの新スピリッツセレクションで、店名でもあるマティーニに新風を吹き込んでいます。シェイクまたはステアの技法で作られる新マティーニメニューには、レディヘプバーン、ボガーズカサブランカ、ブルーアイズシナトラ、ノトリアスボンドなど、ハリウッドスターにちなんだコレクションが並びます。
  • コーヒー好きが集まるバリスタでは、イタリアのハーブリキュール「アマリ」を使った斬新なカクテルや、クロディーノ、サンペレグリーノカクテル、カンパリソーダといったイタリアで人気のみ物がメニューに加えられます。

洋上最高の料理を完璧に

ビスタのレストランでは新コンセプトによる飲み物を提供しゲストの期待に応えます。洋上最高の料理を完璧にするため、カロリー控えめやクラフトなどが様々に用意されます。

  • 低脂肪でヘルシーな料理を提供するビスタの新コンセプト「アクアマールキッチン」では、ノンアルコールスピリッツの世界的メーカーであるライア社のドライロンドンジン、アメリカンモルトウィスキー、ホワイトケインスピリットラム、アマルフィスプリッツなど自然由来のスピリッツを中心に、低アルコールやノンアルコールの飲み物の取りそろえ。その他、ピエール・ゼロのエレガントなノンアルコールワインやスキニーミモザ、イノセントキール、ピュアアマルフィスプリッツ、パッションフルーツコラーダ、ダーク・アンド・スパイシー、NOグローニなどのカクテルも。
  • オーシャニアクルーズを代表するレストラン「エンバー」では、常に人気の伝統の味と独創的なアメリカ発の味を融合させたメニューを提供。食事にペアリングされるドリンクは、特徴あるワイン、クラフトビール、ライウイスキーやバーボンウイスキーに加え、カクテルはカリフォルニア・ドリーミング、ファースト・アベニュー、シシリアン・ゴッドファーザー、テネシーナイトなど、ゆっくり楽しむロングドリンクからアペリティフスタイルまでがテーマ別に展開されます。
  • オーシャニアクルーズで大好評のアジアンレストラン「レッドジンジャー」では、アジアンビール、様々な日本酒銘柄、さらにジンジャー、ターメリック、コリアンダー、ライチなどのアジアらしいフレーバーを取り入れたカクテルなど、高評価の料理を引き立てるドリンクが用意されています。東京ウィスパー、オリエンタルペアミュール、アジアデイジー、ナマステ、ハノイナイト等の新カクテルはぜひとも試したいもの。

究極ペアリングメニューのためのインスパイアード・パートナーシップ

シャンパンは、人生の中で特別な喜びの時に添えられるものとして定着しています。ビスタ就航に合わせて、究極のペアリング体験がデビューします。

  • ビスタでデビューするモエ・エ・シャンドン シャンパン エクスペリエンスは、希少ヴィンテージと3皿コースのペアリングです。例えば、地中海産スズキのタルタルにしっかりとした味わいのモエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ ブリュット2013、鴨のフォアグラのテリーヌにシルキーなモエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアル、最後に塩漬けビーフテンダロインには上品で優雅なモエ・エ・シャンドン ロゼアンペリアルを。
  • コネッスール ワインペアリングランチもビスタに加わり、2 つの厳選美食の旅から選ぶことができます。地中海の影響を受けた5皿の料理に特選ワインがセットになっています。ヘッドソムリエがバー、レストラン、厨房のチームと共に、各コースのペアリングのコンセプトや味わいの特徴を説明します。
  • 2019年からオーシャニアクルーズを代表する食体験「ドン ペリニヨン体験」が、ビスタではくつろぎのダイニング「プリヴェ」で実施されます。6皿のテイスティングメニューは、シャンパン愛好家と美食家にとってはぜひとも味わうべきもの。それぞれが2皿の料理と絶妙にマッチする3種のヴィンテージシャンパンは、ブドウのニュアンスとブレンド比率による効果を最大限引き出すように作られたもので、ほのかな香りと泡立ちに始まり満足のいくフィニッシュまで、すべての段階で楽しませてくれます。料理は、「ホタテのロッシーニ、モレネグロソースと黒トリュフのリゾット」、「ブルターニュ産ブルーロブスターのイエローカレースープとココナッツフォーム」、「和牛のタタキとタコの天ぷら」、そして「桜茶の緑茶アイスクリームにレモンキャビアのトッピング」など。

オーシャニアクルーズの豪華小型船によるクルーズ、洋上最高の料理、考え抜かれた旅行体験の詳細についてはhttps://jp.oceaniacruises.comで。

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. %e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%99%e3%82%b9%ef%bc%92

    クルーズニュース

    クイーンエリザベス、2019年に初の横浜発着発表

    今から2年後の2019年、オリンピックを翌年に控え盛り上がっているであ…

  2. img_4246.png

    クルーズニュース

    NCLHの 2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す取り組み

    【クルーズ事業とバリューチェーンにおよぶ脱炭素化への取り組みを強化】…

  3. img_6299.jpg

    クルーズニュース

    キュナード、新造船の名称を発表クイーン・アンに決定!

    キュナードがこれまで受け継いできた豊かな伝統や、王室とのつながり、長…

  4. img_1160-1.jpg

    クルーズニュース

    ポナン社が誇るセーリングヨット「ル ポナン」2024年夏と2024〜2025年冬の航路を発表

    今年創業35周年を迎えるフランスのクルーズ会社ポナン(英:PONAN…

  5. img_3127.jpg

    クルーズニュース

    オーシャニアクルーズ、受賞歴を誇る保有船団に加わる新造船はアリューラに

    姉妹船ビスタに続くアリューラクラス2隻目として2025年に就航…

  6. unnamed

    クルーズニュース

    プリンセス・クルーズ、世界中の権威ある旅行事業団体から最優秀賞を受賞

    ~2023年は56部門で栄誉ある賞に選出~プリンセス・クルーズ…

  1. キールレイリング

    クルーズニュース

    「飛鳥III」キール・レイイング セレモニー実施 幸運のシンボルはオリジナルデザ…
  2. _D3_9845raw

    コラム

    船のバトラーにお願いしたい、10のオーダー
  3. 8C477E9A-E07D-4E8F-B8C4-535676848A08

    クルーズニュース

    MSCクルーズの新造船「MSCシースケープ」の命名式を マンハッタン・ニューヨー…
  4. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  5. img_0925.png

    インフォメーション

    プリンセス・クルーズ、抽選で25名様に当たる 「オリジナル扇子&タオルセ…
PAGE TOP