%e9%a3%9b%e9%b3%a5

クルーズニュース

飛鳥Ⅱ「2022年世界一周クルーズ」発表

郵船クルーズは、飛鳥IIの「2022年世界一周クルーズ」の実施を発表しました。
飛鳥クルーズ通算23回目(※)となる「2022年世界一周クルーズ」は、2022年3月29日に横浜、3月30日に神戸を出航し、アジア、スエズ運河、地中海・西欧・北欧、大西洋を渡り北米東海岸、カリブ海、南米、パナマ運河、中米、北米西海岸、太平洋を経て、7月13日に横浜、7月14日に神戸に帰港する横浜発着、神戸発着各107日間の日程です。
なお、「2021年世界一周クルーズ」については催行可否の検討の結果、昨今の状況を総合的に判断し、催行の中止を決定しました。

「2022年世界一周クルーズ」は、2021年の同航路の運航スケジュールを引き継ぎ、30の寄港地を訪れ、31の世界遺産を楽しむことができます。全30の寄港地のうち、初寄港はアカバ(ヨルダン)、バーリ(イタリア)、ジェノバ(イタリア)、オスロ(ノルウェー)、コペンハーゲン(デンマーク)、チャールストン(アメリカ)、ロングビーチ/ロサンゼルス(アメリカ)の7港、停泊する港はアカバ(ヨルダン)、ジェノバ(イタリア)、リスボン(ポルトガル)、オンフルール(フランス)、ティルベリー/ロンドン(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)、ホノルル(アメリカ)の7港です。

スエズ運河・パナマ運河の通航や世界遺産・アマルフィ海岸沖クルージングなど、船ならではのダイナミックな景観を眺められるほか、各寄港地ではその土地の魅力を堪能できる寄港地観光ツアー(別料金/定員制)を用意。また、クルーズ特典としてオンフルール(フランス)からはご乗船の皆様をヴェルサイユ宮殿「戦闘の回廊」特別ディナーに案内します。フランス史上名高い戦闘を描いた絵画が飾られた豪華絢爛な空間でお食事を楽しめます。

長い航海の間、バラエティに富んだ美食やショーを楽しめるのも世界一周クルーズの魅力です。「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフによるディナーや、世界の歌姫と名高いオペラ歌手・中丸三千繪さんをはじめとする実力派エンターテイナーによるステージ、そして知的好奇心を刺激する講座など、充実した船内生活を過ごせるでしょう。

あすか

旅行代金は、「ワールド特別割引」「早期全額支払割引」「早期申込割引」と早めのご予約がお得な割引プランを設定しています(期日・条件あり)。
販売開始は、2021年2月25日(木)予定です。
https://www.asukacruise.co.jp/news/52038

ピックアップ記事

  1. CRUISE Traveller 2017 Winterのご案内

関連記事

  1. フェリーおおさかⅡweb

    クルーズニュース

    大阪港開港150年! 大阪湾クルーズ、参加者を募集

    大阪市では、大阪港みなとまつりの主要行事として、平成29年7月23日(…

  2. EMBARK NCL Spotlight Series - The Choir of Man - Live from London 216 (1)
  3. IMG_1577

    クルーズニュース

    にっぽん丸、2020年11月からのクルーズを発表!

    商船三井客船は、客船「にっぽん丸」の2020年11月~2021年3月の…

  4. バイキングスター

    クルーズニュース

    日本発売が決まった「バイキングオーシャン」ってどんな船?

    2015年にデビューし、欧米マーケットのみで販売されてきた「バイキング…

  5. May 9_Afternoon Tea_Verandah (3)

    クルーズニュース

    キュナードラインがロイヤルウェディングを祝福するクルーズを実施

    キュナードラインは、英国ヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウェ…

  6. 20 フレンドリーな雰囲気が愛される船

    クルーズニュース

    ぱしふぃっくびいなす、6~9月の追加クルーズ発表

    ぱしふぃっくびいなすから、今年の6~9月出発のクルーズに5本追加クルー…

  1. PICTURES BY JAMES MORGAN/CUNARD –  - Lisbon, Portugal, Tuesday 6th May 2014 –  images for use in editorial and online use only – no sales/no advertising – mandatory credit pics by James Morgan if used 

The world's grandest Ocean Liner, Queen Mary 2 and her sister ships Queen Elizabeth and Queen Victoria sail in formation from Lisbon to the UK ahead of HRH The Duke of Edinburgh's visit to celebrate 
Queen Mary 2's 10th anniversary in Southampton on Friday 9 May. 

For the first time ever, the three Cunard Queens were photographed side-by-side at sea as part of a shoot that took months of meticulous planning. 

Queen Mary 2 is on the final leg of her World Cruise and her sister ships were on hand to escort her home in style. 

Photographer James Morgan took to the skies in a helicopter to capture these iconic shots of the three ships sailing abreast of one another. 

And while it may look effortless they are the result of a long planning operation in which the safety of the vessels and the thousands of people upon them was paramount. 

The centrepiece of the shoot was Queen Mary 2 herself, the only Ocean Liner in service today and still the fastest passenger ship afloat ten years after she was named by Her Majesty The Queen in 2004.  The ship measures 1,132 feet in length - longer than the Shard in London is tall - and stands 236.2 feet in height. She also weighs in at an impressive 150,000 gross tons.  Since entering service Queen Mary 2 has sailed 1.5 million nautical miles on over 400 voyages including 213 Transatlantic Crossings. She has called at 182 ports in 60 countries and carried over 1.3 million guests 

The 90,900 ton Queen Elizabeth is the newest member of the Cunard family, having been named by Her Majesty The Queen in 2010, and measures 964.5ft in length. 

Rounding off the trio is Queen Victoria, named in 2007 by HRH The Duchess of Cornwall, and (just) the smallest of the Queens at  90,000 gross tons and measuring 964ft in length. 

James said:

    クルーズニュース

    キュナードライン「メールマガジン」5月開始にあたり、キャンペーンを実施
  2. low_1488828494_m-B34-026-31-01-2017-1

    クルーズニュース

    世界最大客船シンフォニーオブザシーズのスケジュール発表
  3. nipponmaru_hintmint_wb

    トピックス

    HINT MINT×にっぽん丸コラボの新商品登場です
  4. 00016700

    クルーズニュース

    コスタ、日本発着で一度限りのベースボールクルーズ!
  5. CRUISE2020Sum_H1白ウェブサイト

    最新号のご案内

    2020 Summer クルーズトラベラー 最新号案内
PAGE TOP